フロンティアスピリッツ

今の自分にとって最も大切なもの…
それはフロンティアスピリッツだってことは分かっています。

前に出る姿勢というか魂というか
なんていうか勇気って言うんですかね…。

なんかこういう文章からでも迷いが感じられますよね。

例えば起業している人、独立して自分で仕事をしている人とかって
僕からすれば本当すごいなーと思うんですよ。

ましてや従業員を雇って給料を払うなんて、
言ってみればその人の人生の片棒を担いでいる訳ですから
その責任たるやハンパではないと思うんです。

よく会社の二代目は全部与えられたものだから考え方が甘いなんて言いますけど、
確かにそれは一理あるとは思いますが、
それはそれでものすごいプレッシャーなんじゃないかなと思う訳です。

誰だっていきなり重役のポストを与えられたら戸惑いますよね。
端から見ればかっこいいかもしれませんけど、
失敗したらどうしようとか当然そういう考えもあると思うんです。

大勢の従業員を雇っていれば尚更です。

数千人の従業員を雇っている会社なら突然傾くことはないと思いますし、
取締役会や株主総会など社長の一存ではどうにもならないことがありますけど、
中小企業の社長って結局は社長次第ですからね。

そんなポストを突然与えられたら僕ならきっと無理と言うかもしれませんね。

僕はそういう生まれじゃないのでそういうことは有り得ないですけど、
でも、もしもそういう展開になっても引き受けられるような器量を身に付けたいとは思っています。

その中で最も重要なのがハートだと思っていて、
それがまさにフロンティアスピリッツな訳です。

病は気から…なんて言いますけど、
きっと人生も気からなんじゃないかなと思います。

それにしても、どうやったらそんなハートになるんでしょうね…。
謎です…。

悩み過ぎる人生

いつも何かをする前に悩んでしまいます。
軽いところで言えばレストランでメニューを見ている時になかなか決めることが出来ない。
勇気が出ないんです。昔っからそうです。

運動会とかで徒競走とかあるじゃないですか。
そんな時もスタートラインに立つとビビって本来の力の20%くらいしか発揮できません。
だからいつもビリでした。

給食の時に配ぜん係をする時もビビッてこぼしてばっかりとか。
おつかいに行かされた時もビビって何も買ってこないとか。

普通なら信じられないようなことをこれまでたくさんやってきました。
自分で言うのもなんですがある意味伝説だと思っています。

とにかく、何をやるにも悩んでしまうんです。
先に考えてしまう。

本当は車の免許とか取ってドライブとかしたいんですが、
こんな僕が車を運転したらどうなるんだろうと考えただけで恐ろしいです。
交通量の多い交差点に差し掛かったらきっとパニくってそこから逃げ出してひかれて死んでしまうかもしれません。

ほんとこの性格をなんとかしたいです。
このままでは何も出来ない…。

今まで女の子と話したこともないので結婚なんか夢のまた夢です。
彼女すら出来ないかもしれません。

一体何が楽しくて生きているのか…そんなことばかり考えてしまいます。

そういう意味では僕の人生は苦難の連続です。
こんな性格だから普通のことでも高い壁になります。
そして乗り越えることが出来ないでいます。

そんな僕でも得意なことが一つだけあります。
それはパソコンです。

パソコンは失敗しても許されます。
間違えても後戻りが出来るから。

悩まなくて済むんです。

だからパソコンを通じて何か出来ないか…そんなことを考えるようになりました。

その手始めとしてこのブログを書くことにしたんです。

すごくつまらないと思いますが、
小学校の頃のあだ名が生ける伝説でした。

このブログではどんな伝説を作ってきたか書いていこうと思っています。

やった後で悩めばいいのにといつも考えています