本田がヤバい…。その2

以前、このブログで本田がヤバいという記事を書いたことを覚えていますでしょうか。

いや、そもそもこのブログを読んでくれている人がいるとは思えないので覚えているいない以前の問題かもしれませんが…。

それはさておき、またまた本田がヤバいことになっています。
前回書いた内容とは全く逆のヤバさです。

ものすごい活躍しているじゃありませんか。
なんでワールドカップ前にこうならなかったんだと思ってしまうくらい。

今ではあのACミランに無くてはならない存在にまでなっています。
人はこれほどまでに変わることが出来るんだというくらい変わってます。

でも、こいう展開って日本人は好きですよね。
最初ダメだったのに後からのし上がっていくような展開。

本田はダメだと言っていたという人も今では手のひらを返したように本田を称賛しています。

そういう、ダメだと言っていた人の意見を覆らせるのって本当にかっこいいと思います。
これから本田がどれだけのし上がっていくか、本当に楽しみですよね!

それとは逆にこれまで順調だった長友がヤバいみたくなってるのが気にかかります…。
先日の代表選でもちょっと動きがヤバかったですし…。

さすがにインテルでスタメンを張ってた訳で、これまでの疲労が一気に出てしまったのでしょうか。

今日のニュースではついに代表にも落選となっていました。
今後長友の運命はどうなっていくのでしょうか。

やっぱり日本人が常にセリエAで最高のパフォーマンスを維持し続けるというのは難しいのでしょうか…。

2人が揃って活躍することを祈りたいですね。

重ねて、次回の記事が長友がヤバい…というタイトルにならないことを祈りたいと思います。

あ、あと香川もですね。

この3人には本当に活躍して欲しいですね!

止めることを止めた

「止めることを止めた」

なんか我ながらかっこいい言葉を思い付いたなと思ったのですが、なんかこれどこぞの歌の歌詞にあるみたいですね…。なんだよ…って感じです。

でも、今日はこの「止めることを止めた」について考えてみようと思うんです。

長い人生、習い事をしていたり、スポーツをしていたり、会社に勤めていたり、ずっと続けていることってあると思います。でも、それを止める時もあります。

例えば、会社を辞めたとしましょう。

それで一区切りは付くとは思うのですが、何も終わっていないと私は思います。

だって、自分の人生は続いている訳ですから。

今までは、会社を辞めるとそこで一つ何かが終わったと思っていました。
でもそうじゃないんだなって最近気付くことが出来たんです。

生きていて無駄になることなんて無いと思います。
人生なんて失敗の連続ですけど、その失敗こそが大きな糧として、そして経験として自分に蓄積されているんです。

どうせなら楽しい思いや経験をしたいですけど、実際楽しいことってすぐ忘れてしまいませんか?大人になって笑える小さい頃のエピソードって、案外その時苦痛だったことや苦労したことだったりするものです。

結局、失敗とか苦労したことって糧になってるってことですよね。

だからこそ、生きているだけで止めるって言葉とは無縁なんだと思います。

会社を辞めたとしてもあなたの人生は続いています。
会社を辞めたことがきっとこれからの人生の糧となっていくことでしょう。

会社ばっかり辞めて…という人は何も分かっていないと思いましょう。
悔しければ、そこであなたが得たことを何かに生かせばいいんです。

止めることを止めましょう。

あなたの人生は続いています。

行ける伝説と呼ばれた僕がこんなことを言うのも違うのかもしれませんが、少しずつ確実に成長していると思います。

成長することを止めなければ、
人生は終わることはないんです。

脱毛で後悔しない為に知っておくこと

今でこそ格安の脱毛サロンが増えてきた時代ですが、まだまだ自宅で自己処理で脱毛を行っている方は多いと思います。ムダ毛の自己処理は手軽でいつでも出来て、そしてカミソリとローションで出来てしまうので経済的にも最も安い方法と言えるかもしれません。

カミソリと毛抜きさえあれば確かに脱毛は自分で出来ますが、実は自己処理は肌にとってとてもよくないことだったということをご存知でしたでしょうか?

例えば、カミソリで剃った場合は毛根まではキレイに剃れずに黒いブツブツ(毛根)がどうしても残ってしまいますよね。だから毛抜きで一本一本抜いているという方も多いと思いますが、実はその行為こそが肌にとってとても良くないことだったのです。

だからと言ってカミソリで剃ってしまうとどうしても見た目がよくありませんよね?

色々な意味で自己処理というのは見た目にも肌にとっても良くないんです。

そこでお勧めしたい脱毛方法が脱毛サロンで脱毛することです。

冒頭で格安の脱毛サロンが増えてきたと言いましたが、実際どれくらい安いかというのは分からないと思います。そこで今日は今ミュゼで行われているキャンペーンをご紹介したいと思います。

7月のキャンペーンですが、ワキの脱毛完了で200円という破格の値段で脱毛が出来ます!

ミュゼプラチナムでは月ごとにキャンペーンを行ってるので、毎月破格で脱毛を受けることが出来るのですが、7月は特に安いかもしれませんね!なんと言っても200円でワキの脱毛が出来てしまうんですから。

これは利用しない手はないと思いますし、肌トラブルとかで後悔をしない為にも是非ミュゼでの脱毛を考えてみて下さい!

きっと行って良かったと思ってもらえると思います!

本田がヤバい…。

ワールドカップを目前に控え、今最もヤバいと言われている選手がこともあろうか日本の中心となるべき本田です。

ACミランでの出番が少なく、更にはメディアに叩かれまくったせいで、かなり動きが鈍い状態になってしまっていますね。

先日のコスタリカとの親善試合もやっぱり良い動きではありませんでした。

ワールドカップの緒戦はもう目前です。

本田は本来のパフォーマンスを取り戻すことが出来るのでしょうか?

というか、本田が戻らないと日本はかなりヤバいと言えますね。
そして、本田自身も日本代表での成績次第ではACミランを出されてしまうばかりか、他の有力なクラブからも注目されなくなってしまいます。

今回のワールドカップは本田にとってもサッカー人生を左右する大きなターニングポイントであることは間違いありません。

しかし、今の本田では本当に苦しいと言えます。

香川もマンチェスターで出番が少なく、
同じような境遇ではあったもののコスタリカ戦では得点を挙げるなど、
一応は良いパフォーマンスを見せてくれました。

あとは本田だけなんです。
本田が復調してくれれば日本はかなり良いところまで行けるかもしれません。

ワールドカップまであと10日…。
何とか本来の調子を取り戻して欲しいと思います。

やっぱり、ワールドカップ直前は有名なクラブに行くべきではないんですかね。

ビッグクラブに在籍しているというのはとても素晴らしいことですが、
試合に出れなくなるというリスクが生じてしまいます。

試合勘というのが失われればそれだけ戦力はダウンしてしまう訳ですから、
選手はそういうことも考えて調整しなければならないのかもしれませんね。

本田がどう復活していくのか…
彼ならやってくれると信じたいですね!

これからの本田の活躍に期待しましょう!

やる前に悩んでしまう自分にどう影響を与えてくれるのか楽しみです!

総量規制の現実

総量規制という法律をご存知でしょうか?
これは、年収の1/3までしか金融機関からお金を借りることが出来ないルールです。

これにより借金を抱える人が”表向き”には少なくはなりましたが、
現実には債務者の数は一向に減っていないんです。

理由は総量規制によってお金を借りることが出来なくなった人が闇金へ流れているからです。

闇金なら総量規制は適用されませんからね。
しかも、闇金からお金を借りる人で主婦層がものすごく増えていると言われています。

この主婦の借金が理由で離婚になったり、
最悪自己破産になってしまったりする場合もあるようです。

あなたの周囲、そしてもしかしてあなた自身がそれに該当はしていませんか?

闇金問題で悩んでいる人は今も昔も水準は変わらないそうです。
総量規制を施行したにも関わらず、この水準が一定なのは、結局お金を借りる人はどこでも借りるということ、そして、以前にも増して多くの金利を支払っているということになります。

結果的に、多くのお金が闇金へ流れるようになったということになります。

そして、今も闇金に苦しんでいる人はたくさんいるのです。

皮肉にも総量規制は闇金の負債者を多く作ってしまったということになりますね。

しかし、闇金からお金を借りている場合、
このようなメリットがあることをご存知でしたでしょうか?

【闇金にはお金を返済しなくてもよい】

ということを。

そうなんです。
闇金にはお金を返済する義務がないんです。

しかし、ただ返済せず、闇金の取り立てにも応じずでは色々なトラブルを生んでしまいます。

そうならないよう返済から逃れるにはどうすれば良いか…
それは闇金問題を専門とする法律事務所や法務事務所へ相談することです。

これが最も安全で確実な方法と言えるでしょう。

もし今闇金問題で悩んでいるなら、
是非今言った法律事務所や法務事務所へ相談してみて下さい。

きっと良い方向に進むことでしょう。

悩むことが普通

何でもやる前に悩むな!
とにかく行動しろ!

なんてよく言われませんか?
特に上司とかちょっと気の強い友達とか。

確かにその通りだと思います。
でも、なかなか出来ないのが人間だし、私はそれが普通だと思っています。

何でも考えたことをすぐに行動出来たら
人よりもたくさん失敗出来るし、それだけ成功も体験出来ることでしょう。
それはつまり、それだけ人間として経験値を積み、成功者と呼ばれる人間に近くなるのかもしれません。

しかし、それがなかなか出来ないんですよね。
特に日本人はそういう文化のもとに育っていません。
レールから逸脱せず、人と同じことこそが美学とする国です。

学生時代でも、授業の最後に何か質問はありませんか?
と言われ、誰も質問をしない中で手を挙げた経験のある人は少ないのではないでしょうか。

ゆとり世代を表す言葉で、徒競走で皆一緒にゴールなんて比喩がありますが、そこまではしてないにしろ実際我々が育ってきた環境というのはそれに近いものがあります。

人と同じ…
それが日本の文化です。

そのように成長してきて、
悩む前に行動をするというのはそもそも難しいような気もします。

行動する前に悩むことが普通。
そして、悩んで行動出来ないこともまた普通なんです。

だからそれについて悩む必要はないと思います。
思いっきり悩めばいいんです。
悩んで悩んで答えが出なければそれでいいんです。
私たちは日本人なのですから。

ですが、そんな中で、
人生に一度くらいは悩む前に行動したいですよね。

それが出来るか出来ないか…
それが今の日本人を格差社会という言葉で二極化している要因なのではないでしょうか。

日本が恵まれている国だと思うのはチャンスが平等にあるというところです。
そのチャンスをものにするかしないかは、
やはり行動するかにかかっていると思います。

フロンティアスピリッツ

今の自分にとって最も大切なもの…
それはフロンティアスピリッツだってことは分かっています。

前に出る姿勢というか魂というか
なんていうか勇気って言うんですかね…。

なんかこういう文章からでも迷いが感じられますよね。

例えば起業している人、独立して自分で仕事をしている人とかって
僕からすれば本当すごいなーと思うんですよ。

ましてや従業員を雇って給料を払うなんて、
言ってみればその人の人生の片棒を担いでいる訳ですから
その責任たるやハンパではないと思うんです。

よく会社の二代目は全部与えられたものだから考え方が甘いなんて言いますけど、
確かにそれは一理あるとは思いますが、
それはそれでものすごいプレッシャーなんじゃないかなと思う訳です。

誰だっていきなり重役のポストを与えられたら戸惑いますよね。
端から見ればかっこいいかもしれませんけど、
失敗したらどうしようとか当然そういう考えもあると思うんです。

大勢の従業員を雇っていれば尚更です。

数千人の従業員を雇っている会社なら突然傾くことはないと思いますし、
取締役会や株主総会など社長の一存ではどうにもならないことがありますけど、
中小企業の社長って結局は社長次第ですからね。

そんなポストを突然与えられたら僕ならきっと無理と言うかもしれませんね。

僕はそういう生まれじゃないのでそういうことは有り得ないですけど、
でも、もしもそういう展開になっても引き受けられるような器量を身に付けたいとは思っています。

その中で最も重要なのがハートだと思っていて、
それがまさにフロンティアスピリッツな訳です。

病は気から…なんて言いますけど、
きっと人生も気からなんじゃないかなと思います。

それにしても、どうやったらそんなハートになるんでしょうね…。
謎です…。

悩み過ぎる人生

いつも何かをする前に悩んでしまいます。
軽いところで言えばレストランでメニューを見ている時になかなか決めることが出来ない。
勇気が出ないんです。昔っからそうです。

運動会とかで徒競走とかあるじゃないですか。
そんな時もスタートラインに立つとビビって本来の力の20%くらいしか発揮できません。
だからいつもビリでした。

給食の時に配ぜん係をする時もビビッてこぼしてばっかりとか。
おつかいに行かされた時もビビって何も買ってこないとか。

普通なら信じられないようなことをこれまでたくさんやってきました。
自分で言うのもなんですがある意味伝説だと思っています。

とにかく、何をやるにも悩んでしまうんです。
先に考えてしまう。

本当は車の免許とか取ってドライブとかしたいんですが、
こんな僕が車を運転したらどうなるんだろうと考えただけで恐ろしいです。
交通量の多い交差点に差し掛かったらきっとパニくってそこから逃げ出してひかれて死んでしまうかもしれません。

ほんとこの性格をなんとかしたいです。
このままでは何も出来ない…。

今まで女の子と話したこともないので結婚なんか夢のまた夢です。
彼女すら出来ないかもしれません。

一体何が楽しくて生きているのか…そんなことばかり考えてしまいます。

そういう意味では僕の人生は苦難の連続です。
こんな性格だから普通のことでも高い壁になります。
そして乗り越えることが出来ないでいます。

そんな僕でも得意なことが一つだけあります。
それはパソコンです。

パソコンは失敗しても許されます。
間違えても後戻りが出来るから。

悩まなくて済むんです。

だからパソコンを通じて何か出来ないか…そんなことを考えるようになりました。

その手始めとしてこのブログを書くことにしたんです。

すごくつまらないと思いますが、
小学校の頃のあだ名が生ける伝説でした。

このブログではどんな伝説を作ってきたか書いていこうと思っています。