暗くて重い印象を解消しよう!

美容の悩みにはいろいろありますが、その一つにはくまもありますね。
くまができるとなんとなく暗くて重い印象を人に与えます。
疲れているような顔にも見られますから、改善したいところです。
くまには主には3種類ありますが、それぞれのケアの方法を見ていきましょう。

・青ぐま

青ぐまができる人は血行が良くなくて冷え性の人が多いと言われています。
ですから血流を活性化する必要があります。

まずは適度に運動する事を習慣にして、全身の血の巡りを良くしましょう。
運動の中でもお勧めなのはウォーキングです。簡単にできて効率がいいからです。
またパソコンを見ている時間が長い人の場合は、仕事の合間に首やか肩をほぐすように気を付けましょう。

しかし青ぐまは生まれつきの要素が大きい部分があり、なかなか簡単には消す事ができません。
コンシーラーなどをうまく使えば、カバーする事も出来ます。

それから目の周りのツボ押しをして血流を改善するのも手ですね。
目元の血液の流れを良くする方法として、マッサージやツボ押しなどがあります。

 
しかし、目の周りのマッサージはなかなか難しいですから、ホームケアとしてはツボ押しがお勧めです。
ツボ押しは洗顔後に、化粧水や美容液などを付けた後にすると良いでしょう。
上に押し上げる時には親指で、それ以外は中指で押すのが基本になります。
気もち良く感じるくらいの強さで3秒くらい押して、ぱっと離すのが1セット。これを3セットから5セットくらいしましょう。

・黒ぐま

黒ぐまの原因はした瞼の皮膚のコラーゲンが減少して薄くなる事です。
このコラーゲンを増加させるためには有効になるのがレチノールです。
これはビタミンAの一種です。
繊維芽細胞を活発にして、コラーゲンを増やす働きが期待できます。

黒ぐま対策としてはレチノール配合の美容液もしくは、クリームを日々のケアに加えるといいでしょう。

さらに合わせてしたいケアとしては定期的なピーリングです。
週に1回から2回ぐらいでかまいませんから、行いましょう。
角質を取り除く事により、コラーゲンの産生機能がアップします。
レチノールの効果をさらに上げる事ができるのです。

・茶ぐま

シミやクスミなどが目の下にできてくまのように見えるのが、茶ぐまです。
ビタミンC誘導体やカモミラET、油溶性甘草エキスなど美白成分配合の化粧品を使いケアをしましょう。
ビタミンCのイオン誘導体と組み合わせて行うとさらに効果が高まります。

くまができると本当の性格とは関係なくても見た目で暗い印象を相手に与えてしまいます。
ここに挙げた事を参考にして改善するように努めましょう。

肌の黒ずみやくすみもイメージを暗くする原因です!

そういう方はスキンケアアイテム「エマルジョンリムーバー」を使いましょう!

肌の根本から汚れを落としてくれるのでキレイな使い続けていけば
キレイな肌が手に入ります!

ぜひエマルジョンリムーバー
をお使い下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です